中古マンションの購入をお考えの方へ|リノベーションで子供の成長を考えた間取りに!

「中古マンションの購入を考えているけど、購入してから間取りに馴染めなかった場合どうするべきか知りたい」
「子供がいるため、将来的なことを考えた間取りにしたい」
このように、中古マンションの購入後の間取りについて考えている方がいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、中古マンションの間取りについてご紹介します。

□中古マンションの間取りを変える方法

中古マンションを購入後、家族構成にあった間取りではない場合や、家事動線が自分に合っていないと感じる事があると思います。
この状態のまま生活を続けても、ストレスが溜まり、日々の生活の楽しさが減ってしまうのではないでしょうか。
ここでは、中古マンションを購入後に、間取りを変える方法をご紹介します。

*中古マンションの間取りをリノベーションする

中古マンションの間取りを変えるには、自らの思い描く間取りにリノベーションすることをおすすめします。
リノベーションとは、家事動線やこれからの家族の成長に合わせて、「作り変える」ことです。
マンションの間取りは、個室が細かく区切られており、これから住む人にあっていない部分が多くあります。
そこで、リノベーションすることによって各家族にあった間取りに作り変えられます。

□中古マンションの間取りをリノベーションするときのポイントとは

*家事動線を意識する

中古マンションをリノベーションするときは、家事動線を考えた設計が重要です。
家事動線を考えていない場合、せっかくリノベーションしても過ごしづらい間取りになります。
家事動線を考えた間取りの例としては、洗濯から物干しまでの動線が考えられます。
リノベーション前の間取りでは家の中を一周して物干しまで行っていたのが、リノベーション後の間取りでは、家の中を回らずに最短距離で物干しまで行けるようになります。

*子育てを意識した間取り

特に子供の年齢が低いときは、掃除や洗濯、料理をするときも子供を抱えながら全てこなさなければなりません。
しかし、間取りが子育てに適していない場合は難しいです。
また、子供が小学生の場合は、学校の様子を聞いたり勉強を教えたりする必要があるので、子供とのコミュニケーションが取りやすい間取りの方が良いですよね。
キッチンに関しても、オープン型のキッチンにすることで、子供を見守りながら料理ができるようになります。
このように、家事をしながら子供を見守れる間取りにすると、家事もはかどり、コミュニケーションが増えるので一石二鳥です。

*子供の将来を意識した間取りにする

子供が成長するにつれて、子育てに必要な間取りも変わります。
小さい頃は、兄弟が同じ部屋でもあまり問題もなく、同時に2人見られるので子育ての負担も軽減できます。
しかし、思春期になると兄弟間であっても気に障ることが増えるでしょう。
そのため、兄弟の年齢が低いときは、兄弟で子供部屋ワンルーム、大きくなったらワンルームを半分に区切り、プライバシーに配慮した子供部屋を作ることが必要です。
そのため、部屋を仕切るタイミングと家事動線などを改善するためのタイミングを考える
ことも重要です。
また、リノベーションの方法によっては、工事しなくても部屋を仕切れる方法もあります。
リノベーションする段階で、子供部屋の真ん中に、取り出し式の扉などを設置すればいつでも部屋の分割が可能です。

□中古マンションの間取りを決めるときの注意点

*共用部分と専用部分に注意する

最初に注意しなければならないのは、「共用部分」と「専用部分」についてです。
マンションには、部屋の天井や窓枠、配管などの変更できない共用部分と、天井や床に囲まれた住居部分である専用部分があります。
リノベーションするときは、どこが変更できるのかを確認してから間取りを考える必要があります。

*収納スペースを同時に考える

間取りを考えるときは、収納スペースも同時に考えることが大切です。
何をどこに収納するかを考えながら間取りを設計することで、その家にあった分の収納を作れます。
そのため、片付ける場所がなくて家中にモノが散乱するのを防げます。

*キッチンの形を考える

キッチンの形は、主にクローズ型とオープン型の2つに分けられます。
その中でもオープン型のキッチンは、開放的で家族とのコミュニケーションが取りやすいでしょう。
家族がリビングでくつろいでいるときでも、料理を作りながら顔を見て会話できます。
このようなキッチンを作るためには、リノベーションをする前にあらかじめどのようなライフスタイルにしたいか考える事が重要です。

*日当たりを考えて設計する

日当たりは、生活をする上でとても重要な要素です。
マンションは角部屋でない限り、日が当たる部屋が限られます。
そのため、一番日当たりの良い場所にどの部屋を配置するかを考える事が重要です。

□まとめ

今回は、中古マンションの間取りについてご紹介しました。
当社では、中古マンションの購入やリノベーションについてのご相談を電話やメールから随時受け付けております。
中古マンションの購入やリノベーションをお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。