中古マンションの内見ポイントとは?気になる点はリノベーションで解決!

「中古マンションの内見では、どういったポイントを確認するべきなの?」
中古マンションの購入を検討されている方の多くは、こういった疑問があるのではないでしょうか?
中古マンションの内見では、いくつかの確認すべきポイントがあります。
そこで今回は、中古マンションの内見で確認すべきポイントをご紹介します。

 

マンションの外見で確認しておくべきポイント

マンション内見では、たくさんの確認すべきポイントがあります。
その中でも、まずは、外見で確認すべきポイントをご紹介します。

共有部分の確認

外見で重要なのは、やはり共有部分の清潔さでしょう。
共有部分として挙げられるのは、階段や廊下、エレベーターなどが挙げられます。
階段や廊下が老朽化していると、補修工事の費用が高いです。
また、階段や廊下の清掃が不十分だと、利用者の事故にもつながるかもしれません。
廊下に関しては、照明がしっかりと機能しているかも確認しておきましょう。
照明がつかないと、廊下が暗くなってしまいます。
そのため、電球が切れていたら、交換を依頼しましょう。
エレベーターは、すべてのエレベーターを確認することをおすすめします。
場合によっては、エレベーター内に落書きがある可能性もあります。
スプレーなどで落書きをされていたら、汚れを落とすのは簡単ではありません。
そのため、事前に確認することを忘れないでください。

外壁の確認

意外と忘れやすいポイントが外壁の確認です。
外壁は、重要視しなくてもいいと思っていませんか?
それは、大きな間違いです。
年月がたつにつれて、マンションも老朽化していきます。
それに伴い、外壁にもひび割れが生じる場合もあるでしょう。
外壁のひび割れを放置していると、最悪の場合、マンションの倒壊の危険性もあります。
そうなると、マンションの価値は無駄になりますし、利用者にも危険が及びます。
そういった事態を防ぐためにも、外壁のチェックは怠らないでください。
もし、ひび割れを発見したら、すぐに業者に連絡しましょう。
この他にも、外見部分で確認すべきポイントはあります。
自分が、マンションにもとめるものを考えながら、内見の前に、確認すべきことをリストアップしておきましょう。
そうすることで、見落とす可能性はなくなります。

マンションの私用部分で確認しておくべきポイント

次に、私用部分に関して、内見で確認すべきポイントをご紹介します。
私用部分の確認で重要なのは、自分が気になっているところをすべて確認することです。
その中でも、必ず確認したほうがいいポイントは以下の3つです。

1つ目は、柱や床のゆがみはないかの確認です。
住宅にとって、柱や床は重要な存在です。
柱や床がゆがんでいると、とても生活しにくい部屋になります。
内見では、ゆがみに気づかない方が多いでしょう。
柱や床のゆがみは、私生活にとても影響します。
例えば、床がゆがんでいる場合、就寝するときに違和感があるでしょう。
ゆがみに気づかないまま、マンションを購入すると、後悔するかもしれません。
そのため、内見の際は、必ず確認しておきましょう。

2つ目は、間取りと収納です。
家族で住むのを検討している方は、間取りと収納は重要です。
間取りを考える際は、家族の生活動線を意識しましょう。
生活動線に合わない間取りだと、生活しにくいです。
特に、家事を担当する方のことを考慮しましょう。
少しでも負担が減るように、動きやすい間取りにするのがおすすめです。
そして、収納に関しては、家族の人数に適した収納が望ましいです。
収納が多すぎても、スペースが余ってしまい、掃除の手間が増えてしまいます。
収納は多いほうが困りませんが、適切な大きさにしましょう。

3つ目は、水回りの点検です。
水回りの点検も、必ず行いましょう。
中古のマンションとなると、性能が落ちている場合もあります。
しっかりと使用できるか、キッチンだけでなく、浴室も忘れずに確認しましょう。
水回りに関しては、漏水がないかもチェックしてください。
万が一、漏水があれば、同時に床のチェックもしましょう。
なぜなら、マンションの漏水は、床を浮き上がらせたり、シミを発生させたりするからです。

上記で述べた、点が気になる方は、リノベーションという方法を検討しましょう。
リノベーションは、自分のライフスタイルに合わせて、新たな価値を与える改修のことです。
リノベーションなら、気に入らない点があれば、自分で作りかえることが可能です。
自分でリノベーションするのが不安だという方もいるでしょう。
そういった場合は、リノベーション業者に依頼するのもいいでしょう。
ですので、気に入らない点があるからといって、その部屋を諦める必要はありません。
リノベーションで、自分の理想の住宅にしましょう。

 

まとめ

今回は、中古マンションの内見で確認すべきポイントについてご紹介しました。
中古マンションの内見は慎重に行うことをおすすめします。

メールで無料予約

24時間受付中

06-6123-7727

受付時間 10:00~19:00