中古マンションのリノベーションで間取りを変更するには?

「中古マンションのリノベーションを検討している」
「リノベーションで間取りって変更できるの?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
リノベーションは人生に一度やるかどうかなのでわからないことだらけですよね。
そこで、今回は中古マンションの間取りをリノベーションで変更する方法についてご紹介します。

 

中古マンションの間取りの変更方法

中古マンションをリノベーションするとしても物件によって条件は変わってきます。
構造上の問題がない物件もあれば、問題がある物件もあるでしょう。
以下でそれぞれの物件の間取りの変更方法についてご紹介します。

構造上の問題がない場合

マンションのリノベーションは、構造上の問題がない場合は、内装の全てを取り除いて無限大に再構築できます。
キッチンなどの水回りは移動しにくいというイメージはありませんか?
しかし、キッチンなどの水回りの設備は配管の勾配をとれれば動かせるので、キッチンも移動可能といえるでしょう。
このように、技術的な問題がなければ変更可能なものが多いです。

構造上の問題がある場合

リノベーションをしようとしても、構造上の問題でどうやっても取り除けないものもあります。
しかし、アイデア次第で動かせない壁や柱を使用した魅力的な間取りを作れます。
そのため、壁や柱など邪魔なものがある場合にも落ち込むのではなく、それを生かした間取りを考えてみましょう。
やり方次第で邪魔なものをアクセントにした、自分だけの間取りを作れます。

人気のリノベーションの例

1つ目は、リビングを広くするリノベーションです。
築30年以上が経過しているような古い物件になると、細かく部屋を分けたような構造が多くなっています。
しかし、現在人気なのはリビングを広々とることでリラックスできるような間取りです。
そこで、リノベーションでもたくさんの部屋を作るよりも、長時間過ごすリビングなどを広くして、寝室は寝るためだけの部屋にすることが多いでしょう。
また、キッチンに関しても独立しているようなタイプではなく、比較的開放感のあるカウンター式のものやアイランド式のものが採用される傾向にあります。
このように、リノベーションで一番長く過ごすリビングを快適にする考え方が拡がっています。

2つ目は、動線を増やすリノベーションです。
生活空間を広げるようなリノベーション以外に、ウォークインクローゼットの設置と動線を増やすことで回遊性を向上させるリノベーションも人気があります。
また、収納エリアに玄関や寝室からもアクセスできるようにし、他の部屋への遠回りを防ぐ工夫も挙げられます。
このような工夫を凝らすことで、家事も効率的にこなせ、日々の小さなストレスも解消されるでしょう。
このようにリノベーションでは自分のライフスタイルにあった間取りも実現できるのです。

間取りを変更する時の注意点

リノベーションで間取りを変更することにはたくさんのメリットがありますが、注意すべきことも存在します。
そこで、以下でリノベーションで間取りを変更する時に注意するべきポイントについてご紹介します。

管理規約による制限

分譲マンションを持っている人は全員、マンション管理組合というものに加入します。
管理組合では管理規約というものが存在し、その管理規約によって制限がある場合があります。
管理規約には「専有部分の修繕等」という項目があり、ここにリノベーションやリフォームを予測した条件などが記載されています。
そのため、事前に管理規約のこの項目に目を通す必要があるのです。
そして、その規定や条件に従って間取りの変更を行いましょう。

構造の違いによる難易度

マンションのリノベーションは構造の違いによって難易度にも影響があります。
通常のマンションの構造は「ラーメン構造」「壁式構造」と呼ばれる2つに分けられます。
ラーメン構造は中高層マンションによく使用されているもので、柱と梁をつなぐことで建物を支える仕組みです。
ラーメン構造の場合は柱などで建物を支えているので、壁を取り除いて自由に間取りを設計できるのが魅力と言えるでしょう。
しかし、柱と梁で支えていると、柱と梁の存在感が大きくなり、クロスや床をリノベーションする際に手間がかかってしまいます。

壁式構造は5階建てまでのマンションに使用されている構造です。
床版と壁版を組み合わせた壁式構造は耐震や遮音の分野において力を発揮します。
リノベーションの際にも柱がなく、広く空間を利用できるでしょう。
しかし、建物を支えているのは壁なので、壁を取り除いたり動かしたりできません。
そのため、自由に間取りを変えるのが難しく、家具との組み合わせなどの工夫が必要となります。

 

まとめ

今回は、徳島の方に向けて中古マンションの間取りをリノベーションで変更する方法やその注意点についてご紹介しました。
人気のリノベーションの例なども参考にしながら、納得のいくリノベーションをしてみてください。

メールで無料予約

24時間受付中

06-6123-7727

受付時間 10:00~19:00